よくわかる注文住宅の選び方

オンリーワンの住宅を建てよう。

近年は住宅会社による積極的な展開により、マイホームを購入する人が増えてきています。最近では環境の良さやデザイン性の豊かさなどから一戸建てに人気があります。一戸建てには主に分譲住宅と注文住宅があり、前者は住宅業者によって建てられた複数の住宅を販売する形態で、後者は個々のニーズにあわせて設計から家を建てる形態です。特に後者の場合は理想的な夢のマイホームが建てられるということで多くの人から支持されています。注文住宅では設計が重要な要素となり、設計段階で家づくりのほとんどが決まるといっても過言ではありません。従って設計の段階でいかにして要望を設計に落とし込めることが出来るかが大きな鍵を握りこととなります。よって住宅業者を選ぶ際には、設計を行う優秀な設計士がどれほど在籍しているかがポイントと言えます。

注文住宅はここを重視しよう。

住宅は生活の拠点となりますので、どの注文住宅を選ぶかは非常に重要な要素となります。一般的には駅からアクセスが良好であるか、フラットで行くことができるか、周辺にスーパーマーケットなど生活に便利な施設が多くあるかといった点が重要とされていますが、それだけではありません。家を建てる地域が低層住居専用地域であるかといった点も重要な要素です。低層住居専用地域では一定規模のマンションや商業施設の建設が制限されているエリアです。このためこうした地域では一戸建てが多く良好で閑静な環境が保たれており、快適な生活を送ることができます。特にニュータウンのようなエリアでは家の敷地も広く、庭付きの一戸建ても多くあります。